定住が苦手なロングステイアドバイザーの備忘録
by nyasmin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
はじめに
高知スローステイ
ロングステイアドバイザー
マレーシア備忘録
KLサービスアパートメント
マレー語
自然派ワイン
未分類
身辺雑記
カナダ
おかやま
東京
英語
糖質制限
読後雑記
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
検索
その他のジャンル
最新の記事
秋のお城まつりで神楽を鑑賞
at 2015-09-18 23:00
今はない、新橋のイタリアンレ..
at 2015-09-17 23:00
犬と暮らすということ
at 2015-09-15 23:00
ひろめ市場の「マンテンノホシ..
at 2015-09-14 23:00
秋の夜のオビサンマルシェでほ..
at 2015-09-13 23:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 7 )

物質主義に踊らされない生き方「フランス人は10着しか服を持たない」

題名に魅かれて思わず手に取ってしまった本です。
f0311611_23374699.jpg


アメリカ人の大学生ジェニファーが、半年間のパリ留学で学んだ”暮らしの質”を高める秘訣が綴られています。2008年から始めたライフスタイルブログ "The Daily Connoisseur(暮らしの達人)" をもとに本にまとめたというところも興味をひきました。

原題は、"Lessons From MADAM CHIC" 。やはり邦題の「フランス人は10着しか服を持たない」のほうがインパクトがありますね! 内容はワードローブのことだけではなく、食事や家事など暮らし全般に関するフランス人のシックな生き方が紹介されています。

著者は気楽で居心地のいいライフスタイルの南カルフォルニアからパリへ。貴族の家にホームステイをして、フランス人の心豊かな生活やシックなお洒落を経験します。貴族と言っても堅実な生活で、物質主義に踊らされるアメリカ人からみると、最初は質素な感じが。

しかし、必要ないところには無駄なお金を使わず、毎日を「特別な日」のように大切に生きる彼らの姿に本物の豊かさを知ります。フランス人が無駄なお金を使わないのは、「足る」ということを知っているからだ、という指摘にも納得。

この本を読んで私が最初に実践したことは、家族の前でもきちんとした格好でいるということでした。いつもは、どうせ娘の前だし犬と遊ぶからくたくたのスエットでいいやと思っていましたが、ちょっとおしゃれな部屋着に着替えると気持ちがぜんぜん違うのです。

ウイットに富んだ内容で楽しく読め、ちょっと気持ちがシャンとする本です。
[PR]
by nyasmin | 2015-02-24 23:30 | 未分類

名古屋観光と名古屋グルメを堪能しました

名古屋近郊に住む友人に案内してもらっての名古屋観光とグルメの1日。熱田神宮に参拝の後、朝食代わりの宮きしめんを食べて、大須観音に移動。参拝後、大須観音近くの商店街で、行列のできるクロワッサンたい焼きの店でたい焼きを。
f0311611_09516.jpg


その後、名古屋駅に移動して駅ビルの51階の天空でワイン。素晴らしい景色!
f0311611_17183976.jpg


夕方になったので、予約してあった名古屋駅近くの「風来坊」へ。お目当ての名古屋名物の手羽先です。揚げ立てで美味しい!風来坊の手羽先は、次の日も近鉄パッセにある持ち帰り専門店で車中のビールのあてとお土産に購入。
f0311611_1772246.jpg


しめに注文した本場の天むす。
f0311611_1774675.jpg


前の日もセミナーの後に、行列のできる台湾料理の店に案内してもらいました。名古屋観光に付き合ってくれてありがとう!おかげさまで名古屋を堪能することができました。
[PR]
by nyasmin | 2014-06-11 23:55 | 未分類

松坂屋で「あつた蓬莱軒」のひつまぶし

熱田神宮では宮きしめんを食べたので、2時間待ちといわれる神宮近くの「あつた蓬莱軒本店」はパス。ひつまぶしは、次の日に松坂屋店でいただきました。
f0311611_0375851.jpg


12時前だったのでそれほど混んでなく、少し待ったら入れました。
f0311611_083333.jpg


ウナギの蒲焼を細かく刻んで、小さなお櫃(ひつ)にまぶして丼のように食べるのでひつまぶしと呼ばれています。
f0311611_01037100.jpg


ひつまぶしの食べ方ですが、おひつのひつまぶしをまず4等分に。最初の1杯は茶わんに1ぱい取ってそのまま食べます。2杯目はひつまぶしの上に、ねぎ・わさび・海苔などの薬味をのせて食べます。
f0311611_0184026.jpg


3杯目は薬味をのせた上に、お茶かだし汁をかけてお茶漬けのようにして。4杯目は今まで食べた中で一番好みのものを食べるんだそうです。わたしは2番目の薬味をのせたのが一番好きです。わさびとうなぎってすごく合うんですね。
[PR]
by nyasmin | 2014-06-10 23:45 | 未分類

名古屋の熱田神宮と大須観音にお参りしてきました

名古屋城は以前行ったことがあるので、今回は三種の神器の一つ草薙の剣が祀られている熱田神宮と、庶民的な商店街が近くにある大須観音に行ってきました。

名古屋市南部に広がるの緑の杜の中にある熱田神宮。静謐な空気が広がります。
f0311611_23262562.jpg


f0311611_23371144.jpg


御社殿へ。
f0311611_23304274.jpg


何かが宿ってそうなご神木。
f0311611_23404936.jpg


朝食代わりに、境内にある宮きしめんで腹ごしらえ。
f0311611_23462862.jpg


地下鉄で大須観音まで移動。「観音さん」と親しみをもって呼ばれる大須観音。
f0311611_23474163.jpg


東京浅草に似ているといわれる、門前町として形成された商店街。
f0311611_23593152.jpg

[PR]
by nyasmin | 2014-06-09 22:55 | 未分類

名古屋名物「矢場とん本店」で味噌カツを食べてきました

京都八条口駅前の饗都ホールで開かれたマレーシアセミナーが終わった後、新幹線で名古屋に移動。夕ご飯は矢場町にある矢場とん本店で味噌カツを食べにいきました。前に名古屋駅地下の店で食べたことがありますが、本店は初めてです。
f0311611_832145.jpg


1階はカウンターとグッズ売り場。
f0311611_835201.jpg


味噌かつのヒレとポテトサラダを注文。ビールにはしぐれ煮のお通しがついてきます。
f0311611_838205.jpg


味が濃そうですが意外とさっぱりしています。味噌カツの食べ方が書いてあって、はじめはそのまま、他にからし、すりごま、唐辛子をかけてお召し上がりくださいとありました。甘辛いたれにからしやすりごまがよく合います。たれをつけた付け合わせのキャベツも美味。
[PR]
by nyasmin | 2014-06-07 23:18 | 未分類

記念日に行くメルヘンチックなリストランテ「コンテ」

明日のマレーシアセミナーのため京都に来ています。久しぶりに妹と阪急線の上牧にあるリストランテ「コンテ」でディナー。メルヘンチックな外観の写真を撮ろうと思っていたのですが、あいにく雨が降ってきました。帰りに撮った月明かりに映える雨上がりの建物です。
f0311611_229515.jpg


イタリアの田舎風のインテリア。
f0311611_222137100.jpg


コースの他に、パスタかメインを選ぶディナーもあります。わたしはスペイン産豚肉のソテーにしました。それに前菜とパンがつきます。デザートは別。

前菜盛り合わせです。
f0311611_22202819.jpg


メインの豚肉のソテー。脂身なのに脂っぽくなくて美味しい!
f0311611_22462072.jpg


デザート盛り合わせ。
f0311611_2222739.jpg


レストランの建物だけではなく、入り口から続く石畳に沿ってショップや工房などがあり、まるでイタリアの田舎町に迷い込んだような雰囲気。ここは、レストランウエディングやパーティー、記念日の会食などいろんなシーンでいつも行くとっておきの場所なのです。
[PR]
by nyasmin | 2014-06-06 22:47 | 未分類

世界の超VIPを虜にするおもてなし術セミナー

~今、リッツ・カールトンの現役コンシェルジュから直接学ぶ~という、おもてなしセミナーを受講しました。講師は鈴木隆夫氏。

会場は、高知中心部から少し離れたところにあるサンピア・セリーズという複合施設の中にあるホテルです。往復タクシーだと受講料を超えてしまうので、行きはバスで行くことにしました。2時間に1本のバスに乗ると会場から徒歩5分のところに停留所があります。

sanpia

1時間半前に到着。ロビーでお茶を飲みながら本を読むことにしました。

sanpia_lobby

定員120人の会議室は満席。

sanpia_seminar

タックさんこと鈴木隆夫さんの講演。内容は、リッツ・カールトンのVIPなお客様のお話や、ホテルでのいろいろな出来事に対するリッツの対応、おもてなしの極意など。

sanpia_tack

帰りは運よく他の受講者の方の車に同乗させていただいてラッキーでした。
[PR]
by nyasmin | 2014-05-30 23:22 | 未分類