定住が苦手なロングステイアドバイザーの備忘録
by nyasmin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
はじめに
高知スローステイ
ロングステイアドバイザー
マレーシア備忘録
KLサービスアパートメント
マレー語
自然派ワイン
未分類
身辺雑記
カナダ
おかやま
東京
英語
糖質制限
読後雑記
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
検索
その他のジャンル
最新の記事
秋のお城まつりで神楽を鑑賞
at 2015-09-18 23:00
今はない、新橋のイタリアンレ..
at 2015-09-17 23:00
犬と暮らすということ
at 2015-09-15 23:00
ひろめ市場の「マンテンノホシ..
at 2015-09-14 23:00
秋の夜のオビサンマルシェでほ..
at 2015-09-13 23:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


犬と暮らすということ

人生に犬が介入することなど考えられなかったネコ派の私が、犬と暮らし始めて2年経ちました。

娘が犬を東京から高知へ連れてくるときは一番安上がりで、ワンコに負担のかからないフェリーを選びました。それでももう7キロもあったので、三鷹から東九フェリーの出る有明埠頭まで運ぶのは大変だったようです。
f0311611_10481189.jpg


フェリーにはケージがあり、飼い主は会いに行くことができます。運よく大きい方のケージを予約できました。東九フェリーは高知港ではなく徳島港に着きます。徳島港まで車で迎えに行き、高知までは高速で移動しました。

犬と暮らしてみて驚いたのは、放っておいても生きていけるネコとは大違いなことです。これでは幼児の世話と一緒ではありませんか。自分で飼いたくて犬を飼ったわけではないので、最初は世話をするのにうんざりしました。


この頃は、成犬になってあまり手がかからなくなったこともあり、犬の良さも感じられるようになりました。人間の子供は成長して離れていきますが、犬はいちばん手間がかかり、いちばん可愛い幼児期が永遠に持続するのではないだろうか、と思ったりします。
[PR]
by nyasmin | 2015-09-15 23:00 | 身辺雑記
<< 今はない、新橋のイタリアンレス... ひろめ市場の「マンテンノホシ」... >>