定住が苦手なロングステイアドバイザーの備忘録
by nyasmin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
はじめに
高知スローステイ
ロングステイアドバイザー
マレーシア備忘録
KLサービスアパートメント
マレー語
自然派ワイン
未分類
身辺雑記
カナダ
おかやま
東京
英語
糖質制限
読後雑記
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
検索
その他のジャンル
最新の記事
秋のお城まつりで神楽を鑑賞
at 2015-09-18 23:00
今はない、新橋のイタリアンレ..
at 2015-09-17 23:00
犬と暮らすということ
at 2015-09-15 23:00
ひろめ市場の「マンテンノホシ..
at 2015-09-14 23:00
秋の夜のオビサンマルシェでほ..
at 2015-09-13 23:00
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


トイレに籠城した高知のハチキンデレラ

高知の女性は、「はちきん(4人の男を手玉に取る)」と呼ばれ、性格もしっかりしていますが、お酒も強く、よく飲みます。

今夜は、久しぶりに娘と蓮池通りの某レストランへ。土曜日なので混んでいたのですが、ちょうど席が空くころの時間だったので運よく座れました。店内に残っていたのはかなり出来上がっている人たち。座れたのはいいのですが、娘との会話も聞き取れないほどの居酒屋状態。飲み物は一杯ずつにして、頼んだ料理を食べたら違う店に行こうと決めました。
f0311611_7221354.jpg


隣りのテーブルで大声でしゃべりまくる中年女性3人の威勢に圧倒されながら、ただもくもくと飲んで食べること30分。3人の中でも一番元気な女性が、よろよろとトイレに行くとだいぶ静かになりました。やっと娘と会話できるようになり、美味しい料理に舌鼓を打っているとき、ふと隣のテーブルを見ると床にハイヒールが一足転がっています。
f0311611_7211764.jpg


その後、待てど暮らせどかの女性は席に戻ってきません。店内が静かなのはいいのですが、ちょっと心配になるほどの籠城です。その間他のお客さんはトイレが使えず、困った状態に。心配した同席の女性が、トイレのドアを叩き名前を呼びますがウンともスンとも応答しません。トイレを我慢していたらしいお客さんは、そのうち諦めて帰っていきました。

1時間くらいトイレのドアをドンドン叩いていましたが、何の反応もないので、とうとうシェフがドアをけ破りました。さすが高知のハチキンはお酒に強く、ただ泥酔していただけのようでした。床に転がっていたもう一足のハイヒールを履いてハチキンたちは帰って行きました。

結局、1杯でどこか違う店に行く予定は、ことの成り行きを見守りたいという野次馬根性で2杯になり、料理も追加してしまいました。それにしても片方のパンプスを残してトイレに行ってしまうとは、マレーシアからの帰りの機内映画で見た「シンデレラ」を思い出してしまいました。
[PR]
by nyasmin | 2015-06-21 23:30 | 高知スローステイ
<< 黒潮ラインをドライブして土佐市... 2度目のパークロイヤル・サービ... >>